ドラゴンタイガー ルール

サステナブル・ブランド ジャパン | Sustainable Brands Japan のサイトです。ページの先頭です。

サステナブル・ブランド ジャパン | Sustainable Brands Japan のサイト

ブランドが社会とつながる、持続可能な未来へ  「サステナブル・ブランド ジャパン」 提携メディア:

特集:Regeneration (リジェネレーション)

地球環境を修復しながら、人の心や地域、文化を再生・発展させていく未来へ

私たちの社会は従来型の大量生産・大量消費主義の経済モデルから、地球環境との共生を意識した持続可能なモデルへと転換し始めています。さらに、より意識的に地球や暮らしの環境が再生(リジェネレーション:Regeneration)する形で社会を構築する「再生型ビジネス」「再生型経済」へ踏み込むことが求められています。

「リジェネレーション(再生)」について、『自然資本の経済』『ドローダウン』で知られるポール・ホーケン氏がわかりやすく説明しています。

「リジェネレーションには二つの意味があります。地球上の生命を再生させること。そして、地球温暖化を逆転させるために、新しい世代の人々が力を合わせることです」

「気候危機は科学の問題ではなく、人間の問題です。世界を変える根本的な力は、テクノロジーにあるのではないのです。私たち自身や、すべての人、すべての生命に対し、畏敬の念、尊敬の念、そして思いやりを持つということなのです。それこそがリジェネレーションなのです」

リジェネレーションとは

サステナビリティから「リジェネレーション」の時代へ

日本ではまだ馴染みの薄い「リジェネレーション/リジェネレーティブ」という言葉。ここ数年、欧米のサステナビリティ関連の記事の中で、企業や市民レベルの動きの中で急速に扱われるようになりました。この言葉の奥に秘めた可能性のエネルギーが、深い地層の中から動き出している感覚です。……続きはこちら
「リジェネレーション」に目覚めたリーダーシップ


今回はさら内容を深め、私たちの意識の変化がどのように「地球システム全体のリジェネレーション:再生」につながっていくのか? 意識の変化から創り出す未来の可能性について、また皆さんと一緒に考えていきたいと思います。……続きはこちら
自然の叡智に学ぶリジェネレーション


再生型の社会やビジネスを創出していく切り口として、今世界で改めて注目されている「バイオミミクリー:自然の叡智からのイノベーション」をテーマに、リジェネレーションを実現していく具体的なアプローチを共に考えていきたいと思います。……続きはこちら
サステナビリティを再定義するとき:より持続可能な「再生型」を考える

私たちは人間として退化するのか、進化するのか、どちらを選ぶのだろうか。ポスト・コロナの世界で私たちに必要なのは、これまでの持続可能性を超えて、自然や社会、経済を再生していく「リジェネレーション(再生型)」の新しい手法だ。……続きはこちら

リジェネラティブなビジネス

トリプルボトムラインを提唱者が撤回、再生型資本主義への変革を

持続可能な企業評価の指針となっている「トリプルボトムライン」の概念を提唱したジョン・エルキントン氏は、大学院大学至善館(東京・中央区)が主催した氏の新たな著書『グリーンスワン』に関する講演で、今後はこれだけでは不十分として、資本主義のシステムを再生・修復型(リジェネレーション)に変えていく必要があることを示した。……続きはこちら
地球の危機に、ビジネスはどうあるべきか――ヴィンセント・スタンリー パタゴニア企業理念ディレクター

「私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む」――。パタゴニアは2018年末、27年間掲げてきたミッションを変えて、新たなミッションを発表した。世界で最も「レスポンシブル・カンパニー(責任ある企業)」として知られる同社はいま何を考えているのか。……続きはこちら